LastPass Enterprise が管理者用のレポート機能を強化

パスワードのセキュリティに関して、企業の抱える問題の一部に、常に説明責任と追従性があります。たとえ書面によるパスワード ポリシーがあっても、多くの場合、勤務中に使用するあらゆる Web サイトやアプリにおいて、すべての従業員がポリシーに従っているかどうか確かめる技術はほとんどありません。そして従業員がアカウントへのアクセスを共有している場合、特にそれが特権的なアカウントであれば、説明責任や規制順守を求めるのはさらに困難になります。ビジネスのあらゆる分野のセキュリティ保護に取り組んでいても、潜んでいる弱い、または誤った使い方をしたパスワードが、導入したすべてのセキュリティ対策を台無しにしてしまう可能性があります。

今回は、LastPass Enterprise 管理者ダッシュボードの更新されたレポート機能についてご紹介します。アップデートされたデザインと新しいレポート オプションで、管理者は従業員のパスワードに関する行動をより正確に調べ、組織全体で実行されている活動についての詳細な監査証跡を維持することができます。レポートはさらに便利で使いやすくなり、管理者は潜在的な問題にいち早く気づくことができます。今回の更新は今後数日間にかけて展開されます。

ワークフロー機能が強化された新デザイン

LastPass Enterprise の管理者は、管理者ダッシュボードを起動し、「レポート (Reports)」 タブを開くと、まずは新しくなったデザインに気づくでしょう。2016 年末のEnterprise 4.0 および LastPass Teams のリリース 時に導入した新しいインターフェイスに合わせ、今回更新されたレポート タブもイメージが新しくなり、ユーザー エクスペリエンスが向上しました。


日付範囲のカスタム設定やフィルタの選択がより簡単になり、管理者は共有された資格情報、ユーザーのログイン アクティビティ、管理者のアクティビティなどのレポートを読むことができます。アクティビティ ログで特定のアイテムをクリックして右側の引き出しを開くと、そのイベントの詳細な情報を見ることができます。

セキュリティ レポートの導入

また、これまで管理者ダッシュボードの 「通知」タブに埋もれていたデータを引き出す、新しいセキュリティ レポート機能も追加しました。これまで管理者は通知タブで、多要素認証をオンにする、または保管庫 (Vault) に多くの重複したパスワードを持たないなどの特定のセキュリティ要件を満たしていない従業員に対するセキュリティ メールのアラートをカスタマイズしていました。

アラート メールはまだ通知タブにありますが、今後、新しいセキュリティ レポートで管理者は要件を満たしていないすべてのユーザーに関する要約したレポートを見ることができます。レポートにはそれぞれの懸念する分野ごとに、影響を受けたユーザーの数、フラグが付けられたユーザー ベースの総数の割合が表示されます。このレポートで管理者は、メール アラートを送信させるすべての未解決問題を一箇所ですばやく確認でき、こうした行動を修正する対策をとることができます。
管理者は、影響を受けたユーザーが 1 人以上いるセキュリティ レポート内の項目をクリックできます。右側の引き出しに、該当するユーザーのリストが開きます。リストはエクスポートすることができます。このリストを利用して管理者はこれらのユーザーに直接連絡し、共にセキュリティ上の問題に取り組むことができます。

セキュリティ レポートはパスワードのセキュリティ対策の中核としてLastPass を導入しようとしている企業だけでなく、組織内のポリシーを評価し、強化したい企業にとっても重要です。懸念する分野や、要件を満たしていないユーザーを特定することができるため、管理者は潜在的な問題にすばやく気づき、脅威からビジネスをより確実に保護することができます。

最新のログイン レポート

管理者が Enterprise のアカウント内の全ユーザーの過去 7 日間のアクティビティを見ることができる、グラフィックとアクティビティ ログを備えた新しいログイン レポートも追加しました。このレポートで、管理者はユーザーが LastPass をうまく活用できているかどうか一目で見ることができます。

さらに、最近 Splunk との連携を追加し、IT チームは Splunk Cloud 上で LastPass の関連 データを収集し LastPass のレポートを管理できるようになりました。

新しい LastPass Enterprise

今すぐ LastPass Enterprise の管理者ダッシュボードにログインして新しくなったレポート タブをお試しください。今後数ヶ月の間に、デザインを更新し新しい機能を導入しつつ、さらに LastPass Enterprise の管理者ダッシュボードに改良を重ねていく予定です。

あなたのビジネスにはパスワード マネージャが必要ですか?LastPass がどのようにして世界中の 27,000 以上の企業にご活用いただいているか、詳細はこちら をご覧ください。