新しい IP、TLS 証明書などについてのお知らせ

安全で信頼できるサービスを提供することは LastPass にとってミッションクリティカルです。したがって、中核となる業務を定期的に更新することはとても重要です。まもなく公開する舞台裏のアップグレードについて以下にご紹介します。

新しい IP および TLS 証明書

パフォーマンスと安全性の向上のため、LastPass のフロントエンド サイトは Akamai でホストされることになりました。当社は GlobalSign が署名し、Akamai でホストされた新しい SSL 証明書を作成しました。

オペレーションの拡大

当社は、急速に拡大するユーザー ベースをサポートする容量を増やすため、データ センターを追加します。これによりアップタイムが保障されるだけでなく、分散サービス妨害攻撃(DDoS) に対する回復力を高めます。

ユーザー側で必要な操作はありません。また、サービスが中断されることはありません。

また、ユーザー データを暗号化、保存、安全に転送する方法に変更はありませんのでご安心ください。サービス開始時からそうであったように、当社はこれからもローカルのみでの暗号化を利用し、LastPass、LogMeIn、および他人が、ユーザーの保管庫 (Vault) に保存されているパスワードやその他の機密情報にアクセスできないようにします。マスター パスワードを持っているのはユーザー本人のみです。したがって保管庫 (Vault) を解除する鍵を持っているのもそのユーザーだけです。安全とプライバシーに対する取り組みは、これまでも、これからも当社の業務の基本です。

LastPass は世界で選ばれるパスワード マネージャとなることを目指しています。高可用性かつ拡張性の高いアーキテクチャの構築はその取り組みの一部です。