セキュア メモのテンプレートをカスタマイズしましょう

今日は、LastPass を使いやすくカスタマイズできる新しい方法、カスタム セキュア メモ テンプレート をご紹介します。セキュア メモで、必要に応じて整理できる数種類のフィールドをいくつでも好きなだけ追加して、自分用のカスタム テンプレートを作ることができるようになりました。

セキュア メモは、オンラインでもオフラインでも、日常生活におけるこまごましたものを保存するのに便利な機能です。たとえば、パスポートのコピーや Wi-Fi パスコードはもちろん、クレジット カード番号や運転免許証、保険の ID などです。財布に入れて持ち歩く情報や、付箋紙に走り書きした情報など、どんなものでも LastPass の保管庫 (Vault) にあるセキュア メモでバックアップし、保護することができます。職場では、セキュア メモを使って SSH キー、データベース ログイン情報、サーバー ログイン情報などを保存することもできます。

さらにこれからは、セキュア メモ用にあらかじめ作られたテンプレートだけでなく、自分用にカスタマイズしたセキュア メモ テンプレートを追加できます。そして、その可能性は無限です。

新しいテンプレートを作成するには

新しいテンプレートの追加は簡単で、すぐにできます。まず、LastPass 保管庫 (Vault) を開き、[セキュア メモ (Secure Notes)] タブにある追加ボタンから [セキュア メモの追加 (Add Secure Notes)] をクリックします。[メモ タイプ (Note Type)] ドロップダウンをスクロールし、[カスタム テンプレートの追加 (Add Custom Template)] を選択します。

Screen Shot 2016-07-13 at 9.09.20 AM

例として、IT プロフェッショナルがリモートからコンピュータを操作する際に使用するリモート アクセス情報のテンプレートを作ってみましょう。このテンプレートを「リモート アクセス (Remote Access) 」と名づけ、フィールドに追加します。

Screen Shot 2016-07-13 at 9.09.25 AM

いろいろな種類のフィールドがあり、テキスト (Text)、コピー ボタン付きテキスト (Text with copy button)、年月日 (Month / day / year)、年月 (Month / year)、パスワード (Password)、メモ (Notes) から選択できます。フィールドを追加するごとに、フィールドに名前を付けられます。

Screen Shot 2016-07-13 at 9.09.32 AM

リモート アクセスの例では、サービス名、コンピュータ名、コンピュータ ID、IP アドレス、ユーザー名、パスワード、メモなどのフィールドを追加します。それぞれのフィールドの横に、テンプレートでフィールドがどのように表示されるかが分かるプレビューが表示されます。

Screen Shot 2016-07-13 at 9.28.43 AM

このテンプレートに必要なすべてのフィールドを追加したら、この新しいテンプレートを保存します。これで「リモート アクセス」が利用可能なメモ タイプ (note type) として表示され、新しいセキュア メモを作成するときに選択することができます。

Screen Shot 2016-07-13 at 9.28.57 AM

注意 :現在では、テンプレートはデスクトップ ブラウザ クライアント上のみで追加できます。つまり、LastPass モバイルアプリ、Mac 用 LastPass アプリ、 LastApp (アプリケーション用 LastPass) ではカスタム テンプレートの追加をサポートしていません。しかし、一度テンプレートが作成されると、どのクライアント上からでも、そのテンプレートでセキュア メモを作成できます。また、現在ではカスタム テンプレートを編集したり削除したりすることはできません。

新しいテンプレート作成のアイディア

新しいカスタム セキュア メモ テンプレート 機能を使っていろいろなことができます。ここで、ビジネス ユーザーや個人ユーザーがテンプレートを使用するアイディアをいくつかご紹介します。

ビジネス 個人
クライアント :IP アドレス、ゲートウェイ、サブネット、DNS サーバー、利用可能な IP 範囲、すでに使用されている IP ゲームアカウント:名前、ユーザー名、パスワード、セキュリティ コード、メモ
ネットワーク ユーザー :名前、ユーザー名、パスワード、グループ、RSA 暗証番号、留守番電話の暗証番号、ノートパソコン用セキュリティ ロック コード コンピュータ :デバイス名、モデル番号、ユーザー名、パスワード
ファイアウォールまたはルーター :名前、 IP アドレス、ユーザー名、パスワード、メモ 処方箋 :薬、服用量、薬局、薬局の住所、薬局の電話番号、最処方の日付け、処方医師
緊急連絡先 :名前、住所、電話番号、電子メール アドレス、メモ リカバリー コード :サービス名、コード、電子メール アドレス、電話番号
API Key: API Key, API token, creation date, expiration date セキュリティの質問 :質問 1、答え 1、質問 2、答え 2 など

可能性は無限です!あなたなら、どんなセキュア メモ テンプレートを追加しますか?